30代子持ち男が「本気でパワトレ」したらどうなるの!?

ロードバイク歴2年。まだまだ初心者に毛が生えたレベルなのに伸び悩んできたお父さんが「本気で練習」したら、はたしてレースで勝てるのか・・・




落車から早1週間・・

どうもどうもmogmogです!

 

落車して骨を折ってから明日で早1週間。

・・・いや・・「早」とか言いましたがまったく早く無いよ( ´˂˃` ;)

治るのが待ち遠しくて 1日1日が長すぎる

ローラー台があるので一応練習はしてるんですけどね、

リハビリレベル(240W程度を15分だけ)でしか練習できないので早く完治して思いっきり走りたいですな〜。

 

こういうフラストレーションが溜まった時、みな様はどのように解消していますか?

 

ワタクシ?ワタクシはそう・・

 

 

買い物です!!!!!(ドドーン)

 

 

BORAちゃんが逝ってしまわれたので、普段使いホイールが無くなってしまったが故・・・時期相棒となるホイールを日々探していたのでした。

 

普段履き&ガチレースで使用するので条件としては「カーボンクリンチャー」であること。

 

いやー今って色々なカーボンクリンチャーあるんですな〜( ⁰▱⁰ )

シマノ、カンパ、MAVICの3大メーカーはもちろんの事、

ZIPP、フルクラム、Rolf、CORIMA、ENVE、EASTON、FFWD、TOKEN、プロライト、ProfileDesign、LightWeight、レイノルズ・・・台湾や中華系まで含めると本当にキリが無い!!

 

それぞれ値段・スペック・口コミなどを調べに調べて、

3つのホイールに白羽の矢を立てました。

 

それが、

・Fulcrum Racing Quattro Carbon(40mm)1555g

Campagnolo BORA ONE 50(50mm)1485g

・ZIPP 404 FireCrest(58mm)1690g

 

クアトロカーボンメリットはとにかく安いこと。

海外通販であれば11万円ほどで買うことが出来るのは嬉しい!

BORA ONEのメリットはバランス感。

リムハイトは50mmあるが1485gと軽いので、富士サーキットのような登坂がきついエンデューロでも苦なく走れるのはありがたい!

404FCはなんといっても空力性能。

アイアンマンに出場する選手の半分がZIPPを使用しているという実績を考えると、エアロ効果が高いとの評判はまちがい無いでしょう。

さまざま風洞実験でも素晴らしい記録を出していることが魅力!

 

 

・・・いやぁー・・・こりゃどれも良くて決められねえ( ⁰▱⁰ ;)

 

 

こんな時にワタクシが重視するもの・・それは見た目です。

 

やっぱり目ためだよ、見た目!

かっこよく無いとやる気も出ないしね!

 

そして私が選んだもの・・それがこちら、どどん!

 

f:id:otkjun:20170330125032j:plain

 

「ZIPP 404 FireCrest」

リムハイト58mm、重量1690gと完全に平坦専用のホイールを選んでみました。

 

一応登坂用にはReynolds Attack(重量1365g)があるのでヒルクラなどはそっちを使えばいいので、TPOによって使い分けですねぇ〜( ´˂˃` )

 

というわけで、404が届いたら早速インプレしてみようと思います!

特に最新モデルのインプレは少なかったので、BORA ONEとの比較ができればなお面白いのいかなーと!

 

あっ、その前に早く骨折なおさねば・・・( ⁰▱⁰;)

広告を非表示にする