読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代子持ち男が「本気でパワトレ」したらどうなるの!?

ロードバイク歴2年。まだまだ初心者に毛が生えたレベルなのに伸び悩んできたお父さんが「本気で練習」したら、はたしてレースで勝てるのか・・・




Zwiftがあればよぉぉ・・骨折しててもレースできるんだよぉぉ

トレーニング

どうもどうも、mogmogです!

 

いやぁ、Zwiftってすごいよね。

だって骨折しててもレースに出られるんだから・・

(出るんじゃねーよ!安静にしてろ安静に)

 

f:id:otkjun:20170331101920p:plain

 

いや、ほんとは安静にしてるのがいいことはわかってるんですよ( ⁰▱⁰ :)

 

練習ガチ勢の方にはわかっていただけると思うのですが・・・

 

医者「2ヶ月は自転車乗るな」

自分「ほーん。了解しばらく寝てるわ(^ω)」

 

・・・なんてできますか?

無理だろ・・・そんなん戦争だろうが・・・!!!

 

ということでさすがに肋骨にひびく実走はしてないですが

せめて足の筋肉の衰退だけでも防ごうと日々ローラー台をちょこっとだけやっておるのです( ´˂˃` )

 

3/23(木)通勤の帰りに骨折

3/24(金)休息日

3/25(土)休息日

3/26(日)ローラー台:10分173W

3/27(月)ローラー台:15分184W

3/28(火)ローラー台:15分246W

3/29(水)ローラー台:15分242W

3/30(木)ローラー台:14分274W

 

着実に足がもどりつつありますが、当然骨はまだプラーン・・状態だとおもうのでこれ以上の長時間や高負荷は控えようと思います。

 

特に昨日なんかはZwift恒例の10kmのレースに出て、終盤まで先頭集団を引いてしまうという大ハッスルっぷり。

最後はさすがに心肺が終わってちぎれました・・・

肋骨骨折って常にバンドで心臓付近を押さえつけて生活しているので、いざバンドをとってローラー!となっても心肺機能が下がりまくってるわけです。

(ほんとにちょっと階段登るだけでハァハァになってしまうのです・・)

 

というわけで、骨折こそしたものの相変わらず自転車生活を楽しんでいるmogmogでございました。

広告を非表示にする