30代子持ち男が「本気でパワトレ」したらどうなるの!?

ロードバイク歴3年半。まだまだ初心者に毛が生えたレベルなのに伸び悩んできたお父さんが「本気で練習」したら、はたしてレースで勝てるのか・・・

狙ったレースで狙った結果が出ない・・そんな時はパワープロフィールを見てみよう

どうもどうもmogmogです!

 

早速ですがみなさん、練習していますか?

そしてその練習の成果がレースで出ていますか?

 

「それなりに練習しているんだけど速くなってる気がしない・・・」

「きついトレーニングをしているはずなのにレースでは結果がでない・・・」

 

そういう方は、もしかしたら練習の方向性が間違っているのかもしれないですよ?( ⁰▱⁰ )

 

 

 

 

 

 

ワタクシの主戦場はクリテリウムなので、クリテリウムを例に挙げた話をしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

クリテで必要なものと言えば・・・

うーん、FTPと・・・インターバル耐性と・・・最終周の追い込み・・・とかそんな所はきっと重要な要素になってきますよね。

 

以前そこら辺に重点を置きながらローラーを回したことがありまして、その時のパワープロフィールがこちら!

 

f:id:otkjun:20180126180427p:plain

(紫の線がパワーデータです)

 

お、それなり高い出力をキープしつつも定期的なコーナごとの立ち上がり、ラスト1分は高出力 ・・・という場面が良く表現されてるのではないでしょうか・・?( ˙ω˙ )

我ながらうまい( ˙ω˙ )

 

 

 

では次は先日の大磯クリテ(ミディアム)のパワープロフィールがこちら。

f:id:otkjun:20180126180900p:plain

 

 

 

 

・・・あれー、なんか全然違う!!

 

 

 

 

そうなんです、レースのほうが圧倒的にパワーの細かい上げ下げが多いんです・・・。。

 

 

なるほど・・・いやでも、さすがに練習でここまでパワー上げ下げってなかなか出来ないんじゃ・・( ⁰▱⁰ ;)

と思いながらSTRAVAを振り返ってみていると、近いパワープロフィールを見つけましたよ!

 

それがこちら。

 

f:id:otkjun:20180126181158p:plain

 

おぉー。

パワーもそうですが、ケイデンスの上げ下げまでかなり近いと思いませんか?

 

 

 

 

 

これ、じつはただの自転車通勤なんです。

 

 

 

 

 

信号ダッシュ → コーナー立ち上がり

赤信号になったので足を止める → コーナー前で足を止める

車やバイクにくらいつく → アタックにくらいつく

 

というように、知らず知らずのうちに仮想クリテリウム的なことを毎日こなしていたようです・・・( ⁰▱⁰ )

 

 

 

 

 


 

まず、

レースにおいて練習以上のことはまず出来ません。

・・・つまり、例えばクリテリウムで勝ちたい際の最良な練習方は(究極なことをいってしまうなら)クリテリウムに出ることなんです。

は?ついにおっさんトチ狂ったか・・とか思わないでくださいね・・・

 

でも毎週レースに参加することは現実的に不可能ですよね。。

なのでワタクシたちはその次に効率の良い練習を求めてローラーや通勤、週末のライドで練習しているわけですな。

(言ってしまえば副産物でレースにおいて速く走れるわけです)

 

その「高効率」という指標として、

・レースに近いパワープロフィール

・レースに近い時間を走る

であるかどうかを省みることが重要なんじゃないか説、をワタクシは提唱したいのです!

 

 

その練習の成果として、シーズンの最重要レースとしている大磯クリテリウムでピュアビギナーからエキスパートまで全部一発昇格でくることが出来ました・・・

パンクでDNFになったことは忘れました(すっとぼけ)

ので、練習の方向性的には間違ってはいない・・と信じてますが、どーなの!?

 

 

 

というわけで!

練習の成果がでない、レースで勝てないと思っている方はぜひパワープロフィールを見返してみてはいかがでしょうか?

新たな発見があるかもしれませんよ( ˙ω˙ )

 

 

ではでは〜〜