30代二児の子持ち男が「自転車競技チーム」を作ってみたらどうなるの!?

UKAUKAcyclingの代表をしていますが、2019年1月の落車にて大怪我をしてしまい実走は引退。今後はチームメイトの応援&ZWIFTERとして頑張ります!FTP20Wからどこまで上げていけるかを実験してみます。

いよいよレース前日・・目標と対策を考える

どうもどうもMogです!

 

 

明日はいよいよウインターサイクルマラソンin袖ヶ浦・・1ヶ月ぶりのレースで、事実上の上腕骨骨折からの復帰戦となります。

 

調子は・・腕は痛いけどまぁまぁかな?( ⁰▱⁰ )

 

f:id:otkjun:20181215085400j:plain

 

 

 

 

 

 

スタートリストが出たので見てみると、

ハーフマラソンだけでも出場者が60名。

人数がめちゃくちゃ多い、というわけではないが

・全国レベルで優勝したり全日本選手権に出れるべれるの中学生が数名

・前回大会での入賞者数名

・各地のエンデューロやクリテで入賞レベル数名

と、速い人の割合が結構多い印象。。( ´˂˃` )

 

まぁでも目標としては、以前の記事でも書いたように「表彰台」(あわよくば2位、1位)

最低目標は6位の入賞で頑張らせていただきます!

 

 

 

 

 

んで、次に対策。

自分の勝ちパターンを考えるとゴール側は

1・アタックして5分間逃げ切り

2・アタックして1分間逃げ切り

3・最初に仕掛けての15〜20秒のロングスプリント

のいずれか。

 

 

 

道中の作戦としては

1・アクチュアルスタート後にそっこー集団をボコボコにする(足が温まりづらい人を切っていく作戦)

2・基本は集団に潜み、緩んだところで必ずペースアップ(一切休ませない作戦)

3・無駄足を使わず、自分のローテもゆるめに(スプリント集中作戦)

4・フルマラソン組のチームメイトに拾ってもらう(チーム作戦)

あたりだろうか。

 

さらに今回、いつもTTジャパンでワタクシと1位2位を取り合っているS藤さんも同じハーフマラソンに出場することを知る

足が揃ったTTerが2人いればかなりの大逃げを狙っちゃうってこともできるかも。

こりゃ出走前にS藤さんと作戦会議だな( ⁰▱⁰ )

 

うーん、組み合わせ次第で自分が有利になれそうなパターンは無数にありそう・・

というわけで明日、走ってみてのフィーリングで決めます笑

 

 

 

とりあえずは落車しないように安全に走ってきます〜

 

 

 

 

ではでは〜〜