30代二児の子持ち男が「自転車競技チーム」を作ってみたらどうなるの!?

UKAUKAcyclingの代表をしていますが、2019年1月の落車にて大怪我をしてしまい実走は引退。今後はチームメイトの応援&ZWIFTERとして頑張ります!FTP20Wからどこまで上げていけるかを実験してみます。

AppleWatchかGarminWatchか・・ Zwift乗りにはどちらがよいのか?決定戦

どうもどうもモグです!

 

 

Zwift(自転車)乗りにとってスマートウォッチは「AppleWatch」か、もしくは「GarminWatch」にするか・・・永遠の悩みでしょう・・。

 

かくいう私もGarminWatchを買った後に結局AppleWatchを買ってしまいスマートウォッチ2台持ちとなってしまいました。。

なので、せっかくですから両者の比較をしていきたいと思います。

 

 

f:id:otkjun:20190704145409j:plain

 

GARMIN VivoActive 3の良かった点

見た目

見た目はVivoActiveの方がはるかに良いですねー。

AppleWatch4もシンプルといえばシンプルなんですが、角丸の四角に合う服装ってなんだろう・・。。

女性がつけるには良いけど私はAppleWatchの見た目はあまり好きになれませんでした。

 

 

・・以上!

はい、GarminWatchの良かった点は以上です笑

次にAppleWatchです。

 

 

 

ーーーーー

 

 

Apple Watch4の良かった点

決済機能

私はコンビニやドラッグストアに行くことが多いので交通系IC・・Suicaで決済することが多いのですが、AppleWatchはこのSuicaを使うのがとても簡単で便利

「左上のボタンをダブルクリック」するだけで決済機能がすぐに出てきます。

レジ前でケータイやスマホをごそごそ出す必要がないってのは最高ですね。

 

また、残金が少なくなった際は「スマホのアプリを開く」→「入金(チャージ)」ボタンを押すと約20秒待つだけAppleWatchの残金にも反映されます。

クレジットカードも左上のボタンをダブルクリックするだけで即使用可能で楽チンです!

f:id:otkjun:20190704150502j:plain

 

 

 

 

自分の使い方に合わせてアプリが入れられる

私の基本的な使い方は

・歩数管理

・Zwift連携

ハートレート管理

・ショップでの決済

なのですが、ApplwWatchはアプリを自由に入れらるので拡張性が非常に高いです。

例えば他には、

筋トレのLepsの管理、ニュースや読み物の閲覧、Google map、天気予報のチェック、音楽再生、ライフログ、目覚ましやTodoタスク管理、トランシーバー機能

などさまざま。

個人的にはケータイを見ずに&手に持たずに電話に出られたりLineをチェックできるのが何気に嬉しいです!楽チン〜

 

 

 

 

画面が見やすい

およそ320px × 400pxな画面は緻密でめちゃくちゃ見やすいです。

自分は40mm(小さい方)を購入しましたが、自分の使い方だとこれ以上大きい必要はなさそうかな?という感じ。

大きい方だと縦約450pxもあるようですねー。

ちなみにVivoactive3の解像度は240px 240pxとかなり控えめ。。

また画面の緻密さだけで無く、明るさや発色の良さもAppleWatchは群を抜いています。

自分は明るさを一番抑えて使用しますが、日中外での使用も全く問題なし!

 

 

 

 

充電が楽!

GarminWatchの場合は時計背面に充電口があるので、充電口のゴムを取って→充電ケーブルを挿す(しかもゴムが小さいから無くなる・・!)という手順です。

AppleWatch4はQi充電ですので、時計を外して専用のケーブル先端にくっつけるだけ・・先端は磁石になってるので外れてしまうこともないです。

充電の持ちに関しては、1時間におよそ2%ですので、毎日Zwiftをしても1日置きの充電で電池不足になってしまうことはありませんでした

 

 

 

そしてZwiftをやる上での良いところです

 

 

心肺(ハートレート)機能が非常に正確

GarminWatchにもハートレート機能は付いているのですが「もう限界!」というほどローラー台で追い込んでも心拍数が120などの数値で話になりませんでした・・。

ただ一応回避方法もあり、できるだけバンドをキツくして使用前に光学式センサーを水で濡らしておくと比較的正確な数値が出るように思います。

 

が、めんどい。。

 

AppleWatchだとそんな煩わしさも無く、追い込めば追い込んだだけ心拍数が上がっていき、辛さと心拍数がしっかりと連動していました。

詳しくはこちらもどうぞ。

 

 

f:id:otkjun:20190704154611p:plain

Garminだと心拍数が全くパワーに連動せず、なぜかゆるく走ってるのに最後うなぎ登り・・しかも心拍数平均104回!?

 

 

f:id:otkjun:20190704154729p:plain

Appleだと細かいパワーの上げ下げにも心拍数が反応していることがわかり、最大値190も正しそうだ

 

 

 

 

Zwiftへの連携が楽らく!

手順は、

1.パソコンでZwiftを起動する

2.スマホでZwiftCompanionアプリを開く

以上です。

これだけで勝手にZwiftとAppleWatchの心拍計がコネクションされ、

f:id:otkjun:20190704155403j:plain

Zwift上にはもちろんですがAppleWatchにも心拍数が表示されます!

 

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

 

とこんな感じで、

GarminWatch VS AppleWatchは

・機能性や拡張性

ハートレートの正確性

から圧倒的にAppleWatch4の勝利という感じでした( ⁰▱⁰ )

 

 

 

Garminは高機能な時計AppleWatchは小さいスマホだと思っていただけると良いかもしれません。

 

 

 

ZwiftやるならぜひぜひAppleWatch4を検討して見てください〜

 

 

 

 

ではでは〜〜