30代二児の子持ち男が「自転車競技チーム」を作ってみたらどうなるの!?

UKAUKAcyclingの代表をしていますが、2019年1月の落車にて大怪我をしてしまい実走は引退。今後はチームメイトの応援&ZWIFTERとして頑張ります!FTP20Wからどこまで上げていけるかを実験してみます。

事故から6ヶ月が経ったので色々まとめた

どうもどうもモグです!

 

 

昨日で事故から半年が経過・・

そして今ほど頭部MRIや大腿骨のレントゲン検査があったので今の治療状態等をまとめます

備忘録みたいなものですねー。

 

 

 

 

まず現在の治癒率ですが、

脳:10割

目:4割

手:9割

足:9割

くらいです。

 

MRIの結果は「以前の出血は残っているが再出血はしていない。今後悪くなることは考えづらいので1年に1回ほどのMRIで良い」とのこと。

よかったー!

 

左右の動きが良くなり、さらに眼瞼下垂(まぶたが閉じてしまう)がかなり改善されました!ただ上下への動きがほぼできないので、右目は目としての役割はあまり担えてい無い感じ・・。。

目というのは難しいですね。半分治癒すれば半分の役割を果たすのか?と言われると全くそんなことはなく、90%能力を持っていないと逆に邪魔なだけってこともあります。

 

は左右どちらも165度程度の可動域が確保できたので、あとは筋力が戻ればほぼ問題なし。

 

は今の所骨頭の圧壊は確認されず、このまま問題がなければ来年1月頃に骨を止めているピンを取る手術をしても良いかもとのこと。

(あれ、1月に手術したらZwiftのナショナル選手権出られない・・?)

ただ骨が壊死している可能性は低くはないので、1〜2年はビクビクしながら生活しなきゃなりません・・( ⁰▱⁰ ;)

 

 

あとは

・週4.5回での通院も3.5回まで減り、来週には2.5回にまで減る予定

・週に700錠のんでいた薬も270錠まで減った

・飲酒が解禁!!!!!

ここらへんもめちゃくちゃ嬉しいですね〜

 

 

というわけで、要観察で不自由だったり心配だったりすることも多いですが、自由になる部分もだんだん増えてきました。

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

次に脚力的な所もどれくらい戻ったのかを考えてみます。

 

1月27日に事故って5月9日にZwift復帰。

3ヶ月半のブランクで、初回の練習は10分AP127Wでした。

 

初回:10分AP127W

1週間後:15分AP223W(Dクラス優勝)

2週間後:17分AP228W(Cクラス優勝)

3週間後:15分AP270W

4週間後:13分AP279W(Bクラス3位)

5週間後:15分AP296W(APはほぼ戻ったのでNP重視に)

ーーー

6週間後:15分NP304W(Aクラス優勝)

7週間後:風邪のためおやすみ

8週間後:13分NP303W

9週間後:15分NP313W

10週間後:15分NP328W

 

うーむ、毎週毎週パワーを更新しておもしろいくらいに脚力戻っているぞ。

 

・・ん?戻っている・・?

怪我前はどれくらいだったんだ?

と思いStravaで過去のデータを見てみると

12分NP313W、10分NP314W、13分NP319W・・

 

 

 

あ、あれ、今のが強くねーか・・?( ⁰▱⁰ ;)

 

 

 

ローラーやZwiftばかりやれば特化できるのは当然だが、にしてもパワーだけを見れば悪く無い。

ここまで調子が良いと実走にもカムバックしたくなってしまう!

 

・・が、それはいけない。

そんなことはできないように実走に必要な機材は全て売ってしまっている。

これ以上嫁さんに迷惑&心配をかけるわけにはいかないな。

これで良いのだ。

 

 

 

というわけで6ヶ月経っての近況まとめでした。

いやー、6ヶ月本当に長かった。

とくに入院をしていた3ヶ月半はただの地獄でしたね・・。

でもここまで戻ってこれました。

 

ほんとは機材破損や入院・治療費の保険金に関しても報告したかったのだが、まだ請求が終わってないので次の機会に。

(破損した機材をどの程度保険屋さんが保証してくれるのか?ってのはなかなか面白いですよ〜)

 

 

 

 

ではでは〜〜