30代子持ち男が「本気でパワトレ」したらどうなるの!?

ロードバイク歴3年半。まだまだ初心者に毛が生えたレベルなのに伸び悩んできたお父さんが「本気で練習」したら、はたしてレースで勝てるのか・・・




タイムトライアルジャパンが年間シリーズ戦(年6回)になってリニューアル!!

どうもどうもmogmogです!

 

 

みんな大好き、タイムトライアルジャパンが年間シリーズ戦になってリニューアルされました!!やったー!!٩(ˊᗜˋ*)و

 

 

2017-2018シリーズは、

第1戦:千葉県・・・下総フレンドリーパーク(11/25)

第2戦:千葉県・・・下総フレンドリーパーク(1/27)

第3戦:埼玉県・・・彩湖道満グリーンパーク(3月)※東京エンデューロ同時開催

第4戦:場所未定(5月)

第5戦:場所未定(7月)

第6戦:静岡県・・・富士スピードウェイ(9月)※富士チャレンジ同時開催

という感じで、隔月開催のようです。

 

 

いやいや・・・

 

 

 

これは出たい!

 

 

 

前回の富士でのTTジャパンでズタボロにやられて(12位/25人中)で懲りたんじゃないの?

と思うかもしれませんが、今回はなんと

「クラシック(TTバイク部門)」と「セミクラシック(ロードバイク部門)」に分かれているのですよ!!( ⁰▱⁰ )

ガチなTTバイクで出場するもよし、ワタクシみたいにTTバイク買えないけど競ってみたい!でもよし。

(ち、ちなみに前回もロードバイクのみだと2位だったので・・まぁまぁがんばれるはず(小声))

 

 

TTバイク欲しいのは山々なのですが未だ金銭的に買えない状況なので・・・

ひとまずはこのセミクラシック部門で上位を狙っていきたいなーと思います!

 

 

ただ下総・・・うちから120kmもあるのと、大磯クリテとも被ってしまいそうなのでどのレースに出るか出ないかの取捨選択が重要ですね〜〜

 

 

あ、ちなみに装備品等の規制ですが、

主にはセミクラシックではTTバイクとTTバーを規制する、という内容のみで

スキンスーツ着たりディスクホイールはいたりエアロヘルメットつけたり・・・ってのはアリなんだよねこれは・・?多分・・・( ⁰▱⁰ )

 

 

この記事は2017年9月時点での情報ですので、

くわしくは必ず公式ページをご覧くださいませ。

 

 

TT界隈が盛り上がるといいですね!

ではでは〜〜

Zwiftでレース その18くらい

どうもどうもmogmogです!

 

昨日に引き続き今日もZwiftでレースです( ˙ω˙ )

 

朝7:30に目覚め、Zwiftのイベントを見てみると8:05から10kmフラットレースがあるようだ。

うーん、脚のアップが間に合うかなー間に合ったら参加するかーと思い、とりあえずアップ!

 

パンをかじりながらアップ。

調子が悪いと20分ほどかかるのだが、今日は7〜8分ほどでアップが出来た。

昨日の短距離レースペースのおかげかもしれない。

なんとかアップが間に合ったぞ。

 

 

 

 

そしてレーススタート!

 

今日はレース開始時で23人(内Aクラス7人)のようだ。

いつものようにAクラスのファーストアタックがかかる。

昨日よりはきつく、1分400W。

結構脚を使う・・・!( ⁰▱⁰ )

 

が、その後はかなり落ち着いた展開。

250〜300Wがだらだら続く。

たまーにアタックがかかるが本気ではないようですぐにキャッチ。

自分も400Wくらいでぬるーいアタックをするが、もちろん簡単に追いつかれる。

 

 

集団は現在5人・・・残り2.5km。

この先は登りがあり、平坦が2kmつづいてゴールというプロファイル。

 

そしてラストの坂にさしかかる。

ふふふ、このためにフェザーウェイトを残しておいたのだ。

ここぞとばかりに羽を使用し、8倍で思いっきりアタック!

登りきるまでゆるめず、ふんばる。

 

平坦に差し掛かる頃には15秒差がついている。

お、これはもしかしたらいけるかも・・?

 

その後もゆるめず300W弱で踏み続ける。

大差をつけておいたので集団からブリッジがかかることもなく、そのままゴール!

 

f:id:otkjun:20170918091547p:plain

 

結果は1位/18人中で初優勝!

パワーも15分40秒で297Wで、過去最高を更新!

やったね!٩(ˊᗜˋ )و

 

最近なかなか調子いいです。

 

ではでは〜

 

久々にZwift de Race

どうもどうもmogmogです!

 

 

週末は雨続きなのでZwiftのレースイベントに参加してみました( ˙ω˙ )

 

レースはいつものWBR Flat Lap 11.3km。

15分でさくっと終わるので、大磯やCSCクリテなどの練習にはもってこいなのだ。

 

参加者は合計17人。

内6人が日本人、6人がオーストラリア人。

時差的にここらへんの経度の人が多いのだろうねぇ。

 

とりあえずレーススタート!( ⁰▱⁰ )

毎度のこと最初は結構なパワーかけて行かないと試合終了なので、

450Wくらいでスタート。

今回も1〜2分はきついインターバルかかるのかなーと思いきやいきなり先頭に立ってしまった。

 

特に前を引っ張って行きたいわけではないではない(というかそんなことしたら脚が足りなくて上位は確実に狙えない・・)ので250〜300Wくらいまで落とすと、集団もペースダウン。

なんとわずか20秒たらずで最初のアタック合戦終了

助かるわぁー( ´˂˃` )

 

残ったのは日本人3人を含む、8人。

 

 

 

その後4km地点くらいまで仲良く走っていくが、ひとりのオーストラリア人がアタックをかける。

PWRで8倍以上出てる。

え、まだ7kmあるんだけど、こりゃモーションだけだよなぁ・・?

他の6名も同じことを思ったのか静観。

 

・・が、あまりに元気がいいので、やべぇと思いブリッジを試みる

こちらも8倍近くで追うが、15秒くらいの差が全く埋まらない。

20〜30秒くらいであきらめる。

完全に芋掘りしてしまったなぁ・・くそー。

その後、ついてこれたのは自分含め5人。

 

 

残り2km地点で、もうひとりオーストラリア人が坂でアタック

ライトウェイトな羽アイテム使い、PWR9倍。

あかん・・これ完全に逃げ切る気まんまんのアタックだ。

すぐに他の3名と追うが、あーもーこりゃ無理無理。

 

 

 

 

こうなりゃ3位争いだ・・・( ´˂˃` ;)

 

ギリギリまでドラフティングに入って潜む作戦。

残り500mくらいで一人がスプリント。

しかし力を使い果たしてしまったのか、キレがなさそうだ。

さらにもう一人もスプリントを始め、その後ワタクシもスプリント。

30秒500Wで、なんとか2人をまくって3位ゴール

 

f:id:otkjun:20170917232914j:plain

 

いやー、やはりオーストラリア人はクソはやいっすね。

なんたって体重が20kg違いますから・・平坦は逃しちゃったら終わり・・

 

パワー的には15分40秒、292Wと全盛期と変わらずソコソコいい感じ。

固定ローラーなのに先々週CSCクリテで優勝した時と同等のパワーでてる( ⁰▱⁰ )

 

 

いい刺激も入り、また明日もZwiftレース出るかなぁ?

 

ではでは〜〜

UCIロード世界選手権2017の優勝予想をしてみる

どうもどうもmogmogです!

 

17日〜24日の8日間、ノルウェーロード世界選手権が開催されますね!

2018年度のアルカンシエルを着るのは一体誰か・・

 

今回は

チームTT男子(TTT)

個人TT男子(ITT)

・ロードレース男子(RR)

 

3つのレースの優勝予想をしてみようとおもいます!( ˙ω˙ )

(ちなみにブエルタは1位2位を当てることができたので、これもきっと当たるよ!)

 

 

 

 

まず「チームTT男子」

f:id:otkjun:20170917103412j:plain

距離42.5km、コースプロフィール的には登りコースというほどではないがそれなりにアップダウンは連続している印象。

特に30km手前の地点は7.2%の勾配が1.4kmつづくので、平坦得意系のTTスペシャリストは若干苦戦するのではないかと推測・・( ˙ω˙ )

 

というわけで優勝予想は

1位:TEAM  SKY

(2位にBMC)

 

スカイのTTTの主要メンバーは、

・フルーム

・ピーター・ケノー

・キリエンカ

・モズコン

・ゲラント・トーマス

・クヴィアトコウスキー

 

BMCは

・ローハン・デニス

・ステファン・クン

・ダニエル・オス

・クインツァート

・スコットソン

・ティージェイ・ヴァンガーデレン

 

両者強すぎねぇか・・?

 

 

 

 

 

 

 

つづいて「個人TT男子」

f:id:otkjun:20170917105409j:plain

距離は31kmで普通ですが、嘘だろ!?っていうコースプロフィールですね。

 

 

 

 

なんだこの後半の山岳地帯は・・・( ⁰▱⁰ ;;)

 

 

平均勾配9.1%、3.4km、300mの登りがあります。

これけっこうとんでもないですよね。

平坦系TTスペシャリストはまず勝てないし、かといって軽量系クライマーでも勝てない。

 

グランツールなどで上位を取り、かつTTが速い選手が上位にくるのではないかと思っています。

 

 

ワタクシの優勝予想としては・・・

1位:トム・ドゥムラン

(2位:フルーム)

 

このコースプロフィールだとこの2人がかなり硬いのではでしょうか?

 

あとはどのような機材を使用するかにも注目ですね!

終始TTバイクで行くのか、ロードバイクで行くのか、山岳区間の直前にバイクチェンジするのか(ヘルメットも交換する?)・・・

ロードバイクにDHバーだけつけたり、TTバイクにディスクホイールをつけないなど中間案もありそうです。

楽しみ!

 

 

 

 

 

最後にロードレース男子の予想を。

 

f:id:otkjun:20170917110449j:plain

最初に39.5+17.9kmの平坦区間を走り、上記19.1kmの周回コースを11周するレースです。

 

肝はやはり周回コースの方ですね。

毎周100mとちょいちょいの登りを越えていく感じですね。

割とバランスが良さそうなのでどの選手が勝つか予想が難しいですが、

「タフ」で「登りが苦手じゃない」「スピードのある選手」が優勝候補に上がってくると思います。

 

候補としては、

・マイケル・マシューズ

フィリップ・ジルベール

・ヴァン・アヴェルマート

・アラフィリップ

・フルーム

・ゲラント・トーマス

・ダン・マーティン

・トム・ドゥムラン

・ニキ・テルプストラ

・アレクサンダークリストフ

・クヴィアトコウスキー

ペーター・サガン

 

 

うーん、多すぎる・・( ⁰▱⁰ )

 

優勝予想は、

1位:ペーター・サガン

(2位:クヴィアトコウスキー、3位:ダンマーティン)

 

クラシックが強くて、かつスプリントがある選手を選んでみました。

これが当たったらサガン世界戦3連覇・・・?

さすがに・・それはどうなのって感じですが、きっと当たる!

 

 

 

 

 

というわけで、世界選手権を予想してみました!

 

ではでは〜〜

タイムトライアルで早くなるためには・・?

どうもどうもmogmogです!

 

f:id:otkjun:20170913181551j:plain

 

先日、富士スピードウェイで行われたタイムトライアルジャパンに出てきたわけですが

6分39秒(12位/25人中)

ave40.9km/h・平均340W

と、パワーの割に順位が悪いんじゃないか!と。

エアロダイナミクスに問題があるのでは無いか!と思い色々調べてみることに。

 

 

その結果改善点が4つ見つかりました( ˙ω˙ )

1・ロードバイクをTTバイクに変更

2・ノーマルヘルメットをTTヘルメットに変更

3・ジャージをスキンスーツに変更

4・シューズカバーを装着

 

 

以下、40kmの個人TTを時速50km/h、48分で完走できる人と想定した内容となります。

結果はこちら( ⁰▱⁰ )!

 

 

 

1・ロードバイクをTTバイクに変更

効果:A(230秒短縮)

TTフレームとDHバーポジションによるエアロダイナミクス最適化で2880秒のうち230秒も短縮できます。

およそ8.0%のタイム短縮にあたるので(そりゃそうだろって話ですが)ロードバイクでTTバイクに挑むのは無理があったようです。。

 

 

 

2・ノーマルヘルメットをTTヘルメットに変更

効果:C(67秒削減)

意外と効果のあるヘルメットの変更。2880秒のうちの67秒なのでおよそ2.3%のタイム削減になります。

 

3・ジャージをスキンスーツに変更

効果:B(134秒削減)

非常に効果の高いスキンスーツ。上下セパレートタイプのジャージに比べて2880秒のうちの134秒(4.7%)タイム削減できるようです。

 

4・エアロシューズカバーを装着

効果:D(30秒削減)

2880秒のうちの30秒なので1.0%のタイム削減になるシューズカバー。

タイム削減率はすくないけど、少ないコストで導入できるので是非導入したいですねぇ。

 

 

・・・・・というわけで

1〜4を合わせると合計で2880秒のうち561秒、16.0%もタイム削減できるようです!!

しゅ、しゅごい・・けど本当かよ・・!?( ⁰▱⁰ :)

 

今回の富士のTTに当てはめてみると、ワタクシは6分39秒だったので・・・

 

 

5分35秒・・・!!(64秒削減)

 

 

いやいや、さすがにそれはない。

ぶっちぎり優勝しちゃうじゃん( ⁰▱⁰ ;)

 

まぁ、そもそも50km/hの速度域では走れないし、富士SWは勾配もきついし・・

削減できるのはせいぜい半分の32秒くらい?

 

 

だがしかし、30秒くらい簡単に削減できそうな計算が出てくるあたり、

ロード競技におけるエアロダイナミクスの効果は相当にでかいっすね!!

 

 

 

ちょっと次のタイムトライアルまでに色々と揃えてみたいですね〜〜

TTバイク高いよね・・ひとまずバイク貯金します。。

 

 

ではでは〜〜

富士チャレンジ2017(タイムトライアルジャパン&チーム100km)に参加してきましたよ〜〜後編

どうもどうもmogmogです!

 

前回に引き続き、富士チャレンジ2017に関して。

今回はチーム100km。

 

チーム100kmは、正直上位は難しいだろうと、

21チーム中7位か8位?くらいに思っていたのですが・・・

なんとまさかの3位表彰台を獲得してしまいました( ˙ω˙;)

 

 

f:id:otkjun:20170910224909j:plain

 

f:id:otkjun:20170910224950j:plain

 

 

男・男・女の3人編成だったのですが、

それぞれがそれぞれ以上の力を出せたのが良かったのかも?

練習量が少ない割に相当頑張った方だと思います笑

 

 

ワタクシも例外ではなく、苦手なエンデューロの割には・・まぁまぁ悪くない走りができた気がします!

www.youtube.com当日の走りはこんな感じ。

 

チーム方針としては、

「最初にガッツリタイムを稼いどいて、残りはできるだけ追い抜かれないように走ろう作戦」

でした。

 

 

 

 

とりあえずワタクシが最初の6周を先頭集団で走ります。

 

スタートはできるだけ前の位置をキープしたかったのですが、ワタクシの得意技「選手招集に出遅れる」が炸裂し今回も中盤以降でスタートです!

ホントにそろそろ先頭に並ぶことを学べよ・・・

 

 

 

しかし富士チャレって選手招集がめちゃくちゃ早いのですね。

40分前くらいから並び始めるので、しかも急いでスタート位置に並んだため、私若干尿意を催してきましたよ・・・

 

 

市長さん?やレジェンドライダーさん?の話もいいのですが、ワタクシの頭の中は常にトイレのことで頭がいっぱいでした( ⁰▱⁰ ;)

 

 

あぁもう限界・・というところで残り1分の合図が・・

ギリギリセーフ。

走り始めればなんとか忘れられるだろう。

あぁそれにしても早く交代してトイレにいきたい・・・

 

 

そうこうしているうちに、とうとうスタート!

 

 

さーてとりあえず安全に注意しながら番手をちょっとでもあげるかーと思い踏み込もうとしますがクリートキャッチミス。

 

 

カチャ・・カチャ・・カチャ・・カチャ・・

 

 

(トイレに行きたいせいか)5〜6回ミスしました・・・

うしろの人ホントすまん。。。

 

 

その後無事キャッチして、無難に走っていく。

遅い人はキープライトとのことなので、抜かしていけるように一応左側を陣取ったものの1周目はパレードランなので進んでいけるスペースは全くない

あちゃー、ちゃんと先頭集団で展開していけるだろうか( ´˂˃` ;)

 

 

 

f:id:otkjun:20170910225034j:plain

 

その後ストレートまで戻ってきて2周目開始。

アクチュアルスタートが切られスピードは上がっていく。

この時点でおそらく600〜700番手くらいだろうか。

スゲェ人数だ・・・

一応先頭集団の塊ではあるものの、経験が少なかったり、練習不足だったりする選手も多く、この時間帯のこの位置はとても混沌とする

まだ無理に上がっていこうとはせずに、集団に身をまかせる。

 

 

その後下りが続き、登り区間に入る。

ここが一番脚の差が出るところなので、一気にペースを上げて抜かしていく

各周ごとに登りだけで100人は抜かしてく。

400W弱ほどパワーでているが、平坦で楽しているのでそこまで脚にはこない( ˙ω˙ )

 

 

そうこうしているうちに3周、4周、5周と進んで行く。

6周目ころには大分集団も落ち着いてきていて、前走者も走り慣れている人が多く安心して前を任せられる雰囲気になってきた。

前方には先頭のモトバイクも見えて順位も100番以内くらいかなぁ?

・・・いい感じだが、もう交代の時間になってしまった!!

 

 

ちょっと余力を残しつつも次の走者にバトンタッチ!

この時点でトップとは12秒差の2位

あとは任せました、チームメイトよ。

 

f:id:otkjun:20170910224932j:plain

 

その後3位になったり2位に戻ったりしながらも表彰圏内で粘り続ける我がチーム。

残り3周回ワタクシに回り、最終走者として再度走ります。

 

 

うまく同じ速度の人見つけてトレイン組みたかったのだが、ペースが合う選手が全くいない

それもそうだ。

40km/h以上で巡航している100km組はもうゴールしてしまったんだ・・・。。( ´˂˃` ;)

 

 

 

残り2周になったところ・・・・・ひとり速い人発見。

さりげなく前に入り半周ほどペースを合わせて引いてみる

お、付いてきてくれているようだ。

 

その後、疲れたので「回しましょう」とジェスチャーするも、交代する気配なし。

う、だめっすかぁ・・。。

 

しょーがないから引いていくかーと思いホームストレートに戻ってくると、その人スプリント。

そうかー、最終周だったのね。。

 

というわけで踏むわけでもなく、ひとりで流してゴール〜

 

 

 

f:id:otkjun:20170910225017j:plain

 

 

 

前述しましたが結果は3位でした!(ง ˙ω˙)ว

 

 

f:id:otkjun:20170910225104j:plain

 

そういえば今まで4回表彰台に上がったが、全部クリテだったなぁ。

エンデューロの、しかもチーム戦でポディウム獲得できたのは嬉しい!

 

 

 

 

あ、パワトレブログなので一応パワーデータも・・・

1周目:9分18秒 av.30.8km/h(160W)パレードラン

2周目:6分24秒 av.42.7km/h(274W)

3周目:6分17秒 av.43.4km/h(249W)

4周目:6分02秒 av.45.1km/h(257W)

5周目:6分02秒 av.45.2km/h(237W)

6周目:6分22秒 av.42.0km/h(227W)

ーーーーー

7周目:7分29秒 av.38.9km/h(287W)一人旅・・

8周目:7分13秒 av.37.5km/h(250W)一人旅・・

9周目:7分10秒 av.38.3km/h(281W)一人旅・・

 

後半の一人旅はパワー出てるのに遅いですねー。

やはり協調できる仲間大事・・

4周目、5周目の6分02秒の記録はなかなか良く、全体でもこの日19位の記録でした

(Stravaより)

 

 

 

 

 

はい!というわけで予想外表彰台で、先週に引き続きのポディウム獲得!

みんな頑張りました٩( ᐛ )و

 

 

 

お次は10月22日の大磯クリテリウム(スポーツクラス)かな?

余力があれば10月8日のCSCクリテリウム(クラス2)にも出てみたいけど、再来週から旅行行くからむずかしかなー。

 

 

引き続きトレーニングがんばります!

ではでは〜〜

富士チャレンジ2017(タイムトライアルジャパン&チーム100km)に参加してきましたよ〜〜前編

どうもどうもmogmogです!

 

今回は9/9に行われた富士チャレンジに参加してきました( ˙ω˙ )

種目は

・タイムトライアルジャパン

・チーム男女混合100km

の2つ。

 

 

まずはタイムトライアル。

前回の記事でも書きましたが、完全にカテゴリを間違えたタイムトライアル・・

 

 

 

 

タイムトライアルは朝8時には順次出走開始と中々に朝早いタイムスケジュールとなっています。

f:id:otkjun:20170910072451j:plain

f:id:otkjun:20170910072514j:plain

10分前に大会本部前の会場に召集。

出走は25人のようで、少なめである。

やはりTTバイクもそれなりに多く、12〜13台くらいかな?

半分ちょっとがTTバイク(うらやましい)

 

それとノーマルバイクだけどDHバー、

ノーマルバイクだけどエアロスーツなんて組み合わせもちらほら。

 

 

 

そうこうしているうちに前走者が出走していきます。

20秒間隔なので結構いそがしく、焦ってつっかかってる人も・・( ⁰▱⁰ ;)

30秒間隔でも良いのでは〜〜と思います

 

f:id:otkjun:20170910072528j:plain

 

お・・このJPNジャージは先日フランスで行われたグランフォンド世界選手権のジャージ!?

世界選手権出るような豪脚もこのTTにでているのね。

そういえばRoppongiExpressの高岡さんも出ていたはずなので、

世界選手権の経験者が最低でも2人

ヤベェヨヤベェヨ・・・

 

 

 

 

ワタクシは7番手出走なので割とすぐに出番がきました。

緊張しなくて良いな。

 

 

 

前の人の出走を見送りいよいよワタクシの番。

「サドル持ちますかー?」とのことで、もちろん持っていただく。

・・が、右に傾き左に傾き・・気になるー!!( ⁰▱⁰ )

 

 

ピーッ!

と笛?の音がなりスタート!

傾きが気になって落車が怖かったのでダンシングしながらのスタートは無し。

直角コーナーを曲がって落ち着いたところからガンガンダンシングして加速していきます。

 

f:id:otkjun:20170910072554j:plain

 

しかし去年のTTジャパンは大雨のせいで閑散としており、まさに「自分との戦い」という感じであったが、今年は沿道からの声援がものすごい。

拍手してもらったり、いけいけー!と声をかけてもらったりこれはとても力になる

 

 

声援を力に、とにかく頑張る。

平坦は330〜350Wを目標に。

つらい。

アップはしたものの足りなかったのか?

高出力で脚が動いてない。

 

下りも弱めに(250Wくらい)だが脚を休めず踏んでいき、

いよいよ長ーい登り。

脚が動かないこともありダンシングも含めてみつつも350Wくらいで踏んでいく。

ここらへんで前走者をひとりパス( ˙ω˙ )

 

 

その後もペースは守りながら、最後のストレート。

これがまた長い。

800mくらいあり、ラストスパートにしてはあまりに長すぎる。

 

しかもこの日はホームストレートが逆風になっており、370Wも出しているというのに40km/hをギリギリ超えるくらい・・・

ただの苦行である。

しかしここで頑張らないと今までの練習が水の泡だと言い聞かせ、踏む。

 

 

最後は下ハンダンシングして、ハンドル投げてゴール!

 

f:id:otkjun:20170910072616j:plain

 

 

 

 

結果は・・・

 

 

 

 

12位25人中、av.41.1km/h 340W!

 

 

 

 

順位はさすがに微妙だけども、速度とパワーは自己ベストなのでとりあえずは良しとします。

 

 

うーん、楽しいけどもやっぱりノーマルの部とアルティメットの部は分けてもらいたいなー

(ロードで出走の人は自分との戦いでしかないからつらいんじゃぁ)

 

 

 

 

 

とりあえずはタイムトライアルジャパンに出走の方、お疲れ様でした!

 

 

次回記事はチーム100km!

まさかの入賞だと・・!?( ⁰▱⁰ )

 

次戦、タイムトライアルジャパン2017 in 富士SWの目標を冷静に立ててみる

どうもどうもmogmogです!

 

次戦は5日後のタイムトライアルジャパン2017 in 富士スピードウェイです。

以前の記事で「やっべー今回はTTバイクもノーマルバイクも混走で走るのか・・」と気づいたわけですが、まぁそれでもTTバイク全員に負けるわけではない・・・はず。

 

ここはひとつ冷静に目標となるタイムと順位を決めようじゃないか!( ⁰▱⁰ )

 

まずタイムは前回の記録である6分58秒を切ること。

前回は雨天で、かつリアディレーラーの調子がすこぶる悪かったこともあるので、

今回は6分40秒台中盤くらいを目標に。

 

今回の参加者は31名。

20人がTTバイク、

11人がノーマルバイクだとすると

真ん中の14〜15位くらいが妥当かな?

いや、夢は大きく10位以内にしよう!

 

 

というわけで、

目標タイム:6分47秒以内

目標順位:10位以内

という厳しい感じで頑張ってみようと思います!( ˙ω˙ )

 

 

ではでは〜〜

CSCクリテリウム2017(第3戦)に出てきた・・なんとか優勝!!

どうもどうもmogmogです!

 

今日はCSCクリテリウム2017(第3戦)に出てきました!

 

旅行と称して、前日より家族で伊豆の温泉に泊まっていたので

当日は8:30受付だけど30分前に出発。

宿泊施設がレース会場と近いと助かるな〜〜( ˙ω˙ )

 

 

そして予定通り8:30に会場入り。

サクッと入場の手続きをして、エントリーもすませて試走します。

 

前日は完全休息日で温泉で足を揉みまくったので超フレッシュ状態。

・・・しかしこういうときは逆に序盤の足の硬さが目立ち、出力が全然出ない時もあります

試走してみて、今日の足の感じはというと・・・

 

 

 

 

超硬いっす・・・

 

 

 

緊張のせいか?完全休息のせいか?

NP220Wくらいなのにそこそこ足にダメージがあります・・( ⁰▱⁰ )

 

 

 

f:id:otkjun:20170903212552j:plain

あーつかれた。今日は足全然動かないよーーとヘラヘラしてたら、

嫁が「もっと走ってこい!!!

 

 

 

 

ひぃっ・・・(た、たしかに!)

 

 

 

 

ということでもう3周くらい追加で走る。

ここらへんで試走の時間が終わり、ワタクシの出るクラス3は直後のためスタート地点に召集

 

・・・一通り注意事項等のミーティングをし、すぐにスタート!!( ⁰▱⁰ ;)

(なんか運営、サクサクしてるな!)

 

www.youtube.com(今日の様子はこちら)

 

 

スタート後、ホームストレートの終わりにある急な登りで右の選手がぶつかってくる。

まぁ速度も出てないし慌てずクリア・・するのだが基本みんな内側内側に寄ってくるのでイン側を陣取っているワタクシは居場所が相当に狭い!!( ´˂˃` ;)

カラーコーンを踏みながら最初のコーナーを抜けます。

 

番手はすでに20番手ほどまで下がってしまった。後ろには数人しかいません。

その後もバックストレート、コーナー、ホームストレートと戻ってくるのですが集団が密集してるおかげで全く抜かすことができない。

そしてこれくらいの番手だとふらついている人が多く、この位置は絶対に危険だと感じたので2周目終わりのホームストレートで一気にアタックをかけます!

 

MAX 970W、1分450Wで怒涛の22人抜き( ⁰▱⁰ )

一気に集団のトップへ。

 

このまま様子見アタックにつなげて逃げようとしてみますが、さすがにこれは許してくれない。

一度あきらめるふりをしますが、3周目ホームストレートで再度アタック!

今回はMAX 830Wほどで試しみるも数人ついてくる。

まだみんなフレッシュだしだめか・・

 

f:id:otkjun:20170903222521j:plain

 

その後のバックストレートで速そうな方に「逃げますかー?」と提案していただく

お、やる気を買ってもらえたのだろうか?アタックしまくって良かった。

 

 

3〜4人で微妙に逃げはじめる

 

 

その後、5周回目の中間スプリントポイント。

タイヤがもらえるので是非ともゲットしておきたい。

3番手でホームストレートに入り、どこでしかけようか様子見していると、4番手の選手がスプリント開始。

まずい、と思いワタクシもスプリント。

思いがけず1000Wほどパワーが出て無事スプリント賞を獲得!( ˙ω˙ )

 

そのままペースを崩さずに回していると、さきほど逃げの提案をしてくれた選手が追いついてくる

そんでもって後ろの選手とは若干差が開いている。

ここだ!と思い二人で共闘しながら回していく。

 

f:id:otkjun:20170903222423j:plain

 

残り4周、3周・・・と回重ねるごとに後続集団とジワジワと差が開いていく

結構足を使ってきたが、まだ限界ってほどではない。

これはいけるかも・・・!?( ⁰▱⁰ )

 

残り2周。

ここも今まで通り2人で先頭交代をして無難にこなす。

そして残り1周となるホームストレート・・・

自分の一番得意な形である、

「散々インターバルこなした後の1分走」を見せる時である。

渾身の力でアタックをかけて、400〜500Wで坂を登っていく。

 

 

うしろを振り返ると、

 

おっ・・・なんとか振り切れているみたい・・・

(というか完全にワタクシのアシストのように動いてもらったようで申し訳ない・・!共闘してくれたお方・・)

 

 

バックストレート時点で数百メートル差ができていたので、勝ちを確信!

少し踏むのを緩めて、最終コーナーをパスして、ゴール地点に帰ってくる。

自分の名前を何度も読んでくれる実況、みんなの拍手で迎えられる中、何度もガッツポーズをしながらフィニッシュ。。

 

なんて気持ちいいんだ。

 

そういえばワタクシの過去の優勝は2回とも大磯クリテ・・・

つまりガッツポーズをしながらのゴールは生まれて初めてなのである。

 

ありがとう、共闘してくれた人。

(その方も2位でゴールしたようで、良かった!!)

 

 

出走前はあれだけ足が動かないと思っていたが、

終わってみるとパワーは279W、NP304Wと過去最高を記録

(大磯クリテビギナーの時はパワー236W、NP273Wだったのでとんでもなくパワーアップしている)

 

 

また、会場でたまたま一緒の自転車を乗っていた人としばらく話をすることに。

マトリックスパワータグの佐野淳哉選手のおっかけで、佐野さん本物のジャージを着ていてうらやましかった!!ずるいなー( ⁰▱⁰ )

(ワタクシも佐野さん大好きなので・・・)

f:id:otkjun:20170903221826j:plain

 

 

というわけで、とても良い結果に終わったCSCクリテリウム

この調子のまま、来月の大磯クリテのスポーツクラスにつなげていけると嬉しいですね〜〜

 

f:id:otkjun:20170903222248j:plain

 

ではでは〜〜

 

タイムトライアルジャパンのスタートリスト出たので眺めていたら・・・んっ?

どうもどうもmogmogです!

 

TTジャパン2017(in富士チャレンジ)スタートリストが出たので眺めていると、

すると・・あれっ、今回のスタートリストはアルティメットの部とノーマルの部のカテゴリ分けが書いてないじゃーん。。( ⁰▱⁰ ;)

(これじゃぁノーマルの部が何人出るか分からねぇぞ・・)

 

今までは

名前の横に「TT男子アルティメット」みたいに書いてあったんですよ。

なんでわざわざそこを伏せるのだろう。

 

 

 

 

・・・ここでちょっと嫌な予感がします。

あれ、もしかして今回ってカテゴリ分けされてないんじゃ・・?( ˙ω˙ )

 

急いで公式HPの種目を確認してみると、

 

f:id:otkjun:20170901183445p:plain

 

 

 

 

・・・カテゴリー分けされてねぇぇ!

 

 

 

 

つまり、エアロヘルメットにエアロスーツ、TTフレーム相手に

ノーマルジャージ&バイクで挑むわけです。

1秒を争う短距離TTでこれはちょっと・・・

竹槍持って戦車に挑む感覚・・・

 

 

ノーマルの部で入賞するためにずっと練習してきたので、これは超ショック・・・。。

 

 

「シリーズ戦」と銘打ってるんだから、

これだけ大きい大会概要の改定があるなら一言でいいのでお知らせが欲しかったなー。

あったのかな?まぁちゃんと確認してない自分が悪いのだけども・・

 

 

 

これじゃぁTTバイク持ってない人はただの記念参加でしかないよなぁ。

 

 

次回はノーマルバイクの部、ぜひ復活を希望します。