30代子持ち男が「本気でパワトレ」したらどうなるの!?

ロードバイク歴3年半。まだまだ初心者に毛が生えたレベルなのに伸び悩んできたお父さんが「本気で練習」したら、はたしてレースで勝てるのか・・・

通勤用にDeuterのホイールを買ってみたよ!開封編

どうもどうも。

手がボキボキでチャリ通どころか2ヶ月間会社にも行っていないくせにホイール買っちゃう系ブロガーの、Mogです!

 

 

なぜ急にホイールを買ったのかというと、今通勤 兼 レースで使用しているZIPP404のブレーキ面がすり減ってきてしまったから。

1万0000〜1万5000km?程度しか乗っていないのですが、カーボンのブレーキが当たりやすいところにプチプチと1mm程度穴が・・( ´˂˃` )

 

こりゃアカン、買わなきゃ。

・・ということで2ヶ月ほど海外通販を眺めていました。

 

 

 

 

条件としては

・クリンチャー

・フルカーボン(ブレーキ面含め)

・50mm以上のディープリム

・10万円以下

で探していたところ、DragonBikeというショップのDeuter F2というホイールが条件に上がってきました。

 

f:id:otkjun:20180722221326j:plain

700C Road 11spd Carbon Wheelset
Rim material: Carbon, UD
Rim type: Clincher
Rim height: 50mm
Rim hole: F20/R24
Rim logo: Deuter
Hub: Deuter (Aluminum Material, Straight Pull,4 bearings, 3 paws)
Spoke: HT (Taiwan)
Weight: Clincher: 1,580g/set

 

 

 

ちなみにDragonBikeからは以前UNICHEのミニポンプを買ったことがあり、対応も早いし商品も最高。だったため再度利用することにしました( ˙ω˙ )

 

 

 

 

 

 

さっそくホイール購入、ポチ。

 

 

 

 

7/12 購入(商品取り寄せのため10日程かかるとのこと)

7/18 商品発送(到着まで5〜20日程かかるとのこと)

7/21 商品が自宅に到着

 

わずか9日間で到着!( ⁰▱⁰ )

しかもうれしいことに関税・消費税かからず。

 

 

 

 

 

届いた商品がこちら!

f:id:otkjun:20180722221426j:plain外箱、結構しっかりしたダンボールです。

中身も一般的なホイールと同様、丁寧に梱包されていました。

 

 

 

f:id:otkjun:20180722221544j:plain

箱から取り出すと!どどん。

おぉーいいね・・・ん?アレ?

ハブって写真じゃ黒じゃなかったっけ?( ⁰▱⁰ ;)

 

サイトを見てみると、

写真は設計図からのイメージです。実物とは異なります

 

 

・・・はっはーん。

それじゃぁしょうがない、許すよ。

なんせお値段、全部込み込みで59,800円ですから。

 

 

ハブが赤いのはさて置き、ホイール全体はこの価格帯にしては良さげな感じ。

綺麗に作られています。

ちなみに表面はマットな感じかな?

 

 

 

 

 

 

せっかくなので重量も測っときましょう。

まずは前輪。

f:id:otkjun:20180722222011j:plain

750g

 

 

続いて後輪。

f:id:otkjun:20180722222029j:plain920g

 

合計:1670g

えーっとカタログスペックは・・

Weight: Clincher: 1,580g/set

 

 

・・・よ、よーっし!問題無いな!?

あ、すでにリムテープを張って頂いてるようなので-40gってところかな?

カタログ+50g・・・まぁ及第点。

 

 

 

 

 

 

よし、最後にタイヤ嵌めてみるよ

 

 

新品のMichelinPowerを取り出しタイヤに片方をはめ、中にチューブをいれてまずは手で嵌めていく。

1/3を嵌めたところでキツくて嵌らなくなる

・・キツくなるの早くね?

と思いながらレバーで嵌めていく・・・が!

硬い。超硬い。

f:id:otkjun:20180722222620j:plain

(この画像見てもらえれば硬さが伝わるだろうか・・・まだ1/5を残したところでレバーを使ってさえキツくなってくる・・)

 

 

 

具体的にはレバーを使って力づくではめようすると、右or左のタイヤが嵌りかけている部分がツルっと滑って先に進まない・・という具合だ。

10回以上繰り返した結果、タイヤが外れないように嵌りかけの部分に(お尻で)腰をかけ反対側から嵌めていくという荒技でなんとか成功。

ちょっと外径がデカすぎているのではなかろうか。

 

 

 

 

 

そしてもう1輪にもタイヤを嵌めていき、ようやく完成!

f:id:otkjun:20180722223328j:plain

 

・・・え、なんで空気入れ無いのかって・・?

お察しください。

パン・・・

 

 

 

 

うーん、こんなにタイヤ交換がこんなんだとチューブ1本じゃ不安すぎるなー。

多少ゆるくてもタイヤが外れることはまずないのでゆるめが良かったです・・( ´˂˃` ;)

 

 

 

ちなみにワタクシが過去に使用したタイヤの嵌めやすさランキング

1位:ZIPP404(レバー要らず、手ではまる)

2位:BORA 50、ZONDA、シロッコなどのカンパホイール

3位:FLO  ディスクホイール

4位:REYNOLDS ATTACK

5位:DEUTER F2

 

ダントツに硬てぇ!

 

 

 

 

 

というわけで、色々書きましたがあくまで通勤用の5万円代ホイールですから、まぁここまでは別にいいかなという感じ。

 

あとは走りですね〜

 

骨がくっついたら早速乗ってみてインプレしようと思います!

 

 

 

 

ではでは〜〜

 

上腕骨骨折から2ヶ月。少しずつ復活してきたのでそのまとめ

どうもどうもMogです!

 

 

 

まもなく上腕骨骨折から2ヶ月・・・

長かったような早かったような( ³ω³).。o

 

 

回復具合はまだまだですが少しずつ身の回りのことができるようになってきたので忘れないように、また同じように落車・骨折してしまった人の目安くらいにはなるように・・・時系列のメモとして残しておこうと思います!

 

 

 

 

 

1週目(受傷1〜7日目)

路上にて落車&骨折。

わずかに動かしただけでも激痛が走り、救急車に乗るだけでも意識が遠のくほど。

病院で診てもらった後はタクシーで帰宅したが、ちょっとの揺れでこれまた痛い。

薬を飲めば夜は寝ることができたが、寝返りが出来ないため1時間に1回ほどは目が覚める。

通院の際は基本嫁ちゃんに車椅子を押してもらう。

歩いても、寝ても、座っていてもとにかく「痛い」以外の感情が湧かない。。

 

 

 

2週目(受傷8〜14日目)

落車から1週間後にようやく手術・・むしろここからがはじまり。

術後、次の日からリハビリがはじまるが手はほぼ動かず。。

服は右手は通せるが受傷した側の左手はそでが通せない。

痛みレベルはほぼ変わりはなしかなぁ?

とにかく痛い。

 

 

 

3週目(受傷15〜21日目)

退院したので平らなベッドでねることになるがこれが辛い。

(病院は自動リクライニング機能がついているベッドだった)

寝た状態から起き上がろうとすると腕に激痛・・・そのため起床に20〜30分ほどかかる日もあった。

仕事は自宅でPC作業だったが30分仕事して30分休んでという感じ。

仕事量もそこそこあったので辛かった。

また、受傷16日目からはローラー台も再開。

初回は3分で息が上がってしまいバテバテだった( ´˂˃` ;)

 

 

 

4週目(受傷22〜28日目)

痛みはほぼ変わらず推移するが、寝てる際の痛みは多少はマシになってきた感じ?

レントゲンは仮骨ができているでもなく相変わらず・・かと思いきや寝たきりの筋力不足が原因で下がってしまっていた左腕が1〜2cmも上に持ち上がっていて褒められた!

リハビリは他動運動から自動運動へ移行するが、可動域はわずか10度。

手に100kgの鉛でもついてんのか?ってくらい手が重い。

また、前週から毎日欠かさずローラーをしているためこの週からはZwiftレースにも出てみる。

22分AP278Wで10位/43人中というかんじで、今見ても案外悪くないぞ。

 

 

 

5週目(受傷29〜35日目)

痛みは少しはマシになるものの・・まぁほぼ変わらない。

長いなーいつまで痛いのだろう。

リハビリは他動&自動運動を1日何千回も行っていたら怒られた。

(数十回でよかったらしい・・)

自動運動の角度的には45度くらいまで増える。

ローラーは欠かさず毎日やっており、怪我した左手もハンドルに添えることくらいはできるようになる。

Zwiftレースでは12分AP307W 4位/43人中とかなりいい感じ!

 

 

 

6週目(受傷36〜42日目)

痛みは一番ひどかった時と比べると半分以下くらいになってきた。

リハビリもそこそこ進み角度も70度くらいまで増える。

このころから車の運転ができるようになり週末は(近場だが)家族でおでかけできるようになった!

実は新車購入したばっかりだったので嬉しい。

ローラーも月150km程度と安定。

 

 

 

7週目(受傷43〜49日目)

痛みも減り、ようやくうつ伏せで寝ることができるようになった。

受傷した手を下にしなければ軽く寝返りも・・睡眠の質が劇的に上がる。

車の運転は前週より楽になり、往復100kmくらいの運転も可能に。

レントゲンを撮ってみると・・・未だ仮骨も確認されず。。落胆。

リハビリはまぁちょっとずつ日々前進というかんじで、角度は80度くらいに。

 

 

 

8週目(受傷50〜56日目)

この週は痛みが明らかに減る。

とくに腕の後ろ方向への可動域が大幅に広がり腕を振って歩けるようになる。

可動域は90度。

Tシャツを着られるようになった。

車はほぼ問題なく運転できるようになり、自転車も手前の方であれば下ハンに手を置けるようになってきた。

ただ腕に重量をかけられないのでエアロポジションは全く取れない・・ので背筋が使えず足のみでペダルを踏む感覚。

10分AP300Wくらいならコンスタントに出せる。

まぁパワープロファイル的には全盛期の5〜10%減だが( ´˂˃` ;)

 

 

 

 

 

という感じです!

明らかに痛みが減ったり日常生活が楽になってきたと感じるのは6週〜8週目。

やっぱり2ヶ月くらいはかかるもんですね。。

 

 

 

あ、そうそう!

昨日リハビリついでにレントゲンも撮ってもらったんですが、

 

お医者さん「骨がくっついてきたねぇ。ここからは回復していくだけだから安心だよ」

 

f:id:otkjun:20180718102122j:plain

 

 

つ、ついにキター!!!

 

 

 

いやー本当に良かった。

前回までは仮骨さえ確認できず・・最悪は偽関節(骨がくっつかないこと)と診断されることに戦々恐々としていました。

でもどうやらなんとかくっついてきたようです!

やったぜーーー\\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

というわけで上腕骨骨折後2ヶ月のまとめと近況でした〜〜

 

 

 

ではでは〜〜

暑すぎる夏に「少しでも涼しくローラー台ができる環境」を全力で考えてみる

どうもどうもMogです!

 

 

 

しかし暑いですね。

ワタクシは(骨が折れてしまっているため・・)今夏は毎日ローラー台が確定しています( ´˂˃` ;)

 

 

6月くらいまではまだ良かったんですが、

7月になり梅雨が明けてからというもの、ローラーを30分回すだけ室温31度・湿度90%といつ熱中症になってもおかしくない環境となってしまいました。

 

 

実際に熱中症にならないまでもパフォーマンスは限りなく落ちてしまい、

200W30分でもう放熱が間に合わず体が動かない・・

自転車の下には水たまり・・ならぬ湖ができています( ⁰▱⁰ ;)

そもそも暑いのが苦手で夏のレースは良い結果が出た試しがありません

 

 

クーラー付けりゃいいじゃん!の一言で終わりそうですが、ワタクシが今住んでいるマンションはリビングにしかクーラーがつかないんですよね。。

なんでニトリでかった家庭用扇風機(強)のみで対応していました。

 

 

 

 

 

 

が!

さすがに足や心肺の前に放熱機能が先に終わってしまうのは練習効率が悪すぎるので色々と考えてみました。

 

 

それがこちら!どどん。

 

f:id:otkjun:20180717121055j:plain

 

快適冷却セット〜〜。

 

 

全6品です。

 

 

1.扇風機

これはいままでどおり、ただのニトリの扇風機(強)

工業用扇風機も考えましたがでかすぎるので今のところは却下。

最終手段にとっておこうとおもいます( ´˂˃` )

 

 

2.扇風機 その2

前面はニトリ扇風機に任せて、背面にも風を当てたいのでもうひとつ扇風機を追加しました。

というのもローラー回していると背中の排熱が間に合ってない感じを強く感じていたのですよね。背汗(背中の汗)もすごいし。

 

 

3.除湿機

湿度90%はさすがに地獄なので、ちょっとでも湿度を下げるために!

幸い使っていない除湿機があったのでこちらを使わせてもらうことに。

ただし除湿機って熱風が出るんですよね・・

体感的に、除湿>気温上昇となるかどうかは試してみます。

 

 

4.凍らせたボトル

除湿機の熱風が出るところもしくは扇風機の背面におくことで少しでも室内温度を下げることができるかもしれないし、できないかもしれなグッドアイテム。

ひとまずは2リットルボトルに水をいれて冷凍庫で凍らせて運用してみようかな。

 

 

5.アイシング

アイシング用の機材をAmazonで買ってみました!

結構大きめで背中の1/3くらいは覆うことができます。

冷凍庫で凍らせておき、排熱が間に合わない20〜30分くらいローラーを漕いだところで着用。

ダイレクトに体を冷やせるので冷却効果は一番高そう。

ただし漕ぎづらくなったりはしそうですね・・ちょっとこれも試してみよう。

 

 

6.氷を入れたドリンク

自転車用のボトルに氷を入れるだけで完成。

ただし氷の量が少量だと10分程度ですぐ溶けてしまう・・・

ので、ワタクシはボトルに水を半分程度入れて凍らせ、ローラー直前に残り半分水をいれて溶かしながら飲みながら練習しています。

気温にもよりますが40〜50分ほどカチカチに冷えた水が飲めるのです!

これは夏場の実走でも超オススメ\\\\٩( 'ω' )و ////

 

 

 

 

・・・・はい!

というわけで色々試してみます!

いくつかはうまくいけばいいなぁーー。

 

 

ではでは〜〜

肺に「影」が映った怖い話

どうもどうもMogです!

 

 

さて今日は夏にふさわしい怖い話。

 

 

 

 

先日骨折部分のレントゲンを撮りに行ったところ、

折れた腕は問題なかったのですが・・レントゲン画像を見てお医者さんが一言。

 

 

 

 

「肺に影映ってるねぇ」

 

 

 

 

f:id:otkjun:20180713112432j:plainKage・・・うーん・・たしかに映ってるねぇ・・

 

 

 

 

 

至急、大きい病院に言ってCT受けてきてくれと言われてしまい、しぶしぶ関東労災病院へ。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、でかい病院って本当に待ち時間長いですよね・・

書類書いて、紹介状提出して、なんか紙もらって、ようやく受付して。。

2時間後にやっとCT撮れました( ´˂˃` ;)

 

 

その後に先生との診察なわけですが、

ここでも1時間程待ち時間があり・・先生と謁見できたのは3時間後!

近所の病院なら5分なのになぁ

 

 

 

 

 

 

そして・・

 

 

先生「特に何もないですね、綺麗です」

 

ワタクシ「えっ、ほんとですか。でもこんな影が映ったんですが・・(写真を見せる)」

 

先生「ははっ(笑)これは血管を前から見ただけですよ!」

 

ワタクシ「(えぇ・・なんだそりゃ・・)」

 

先生「ところで君、腰痛持ってない?」

 

ワタクシ「えっと、今は特にないですけど・・何かありました?」

 

先生「CT見て。ほら、腰の骨がこんなに飛び出てる。将来ヘルニアになるよ」

 

ワタクシ「(えぇぇぇ・・肺炎とかよりそっちのがやばいだろ!!!)」

 

 

 

 

ということで、肺は綺麗なものでしたが将来ヘルニアになるようです。

やめてくれ。

 

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

あとは腕の骨の具合ですが全くもってくっつきません!( ⁰▱⁰ )

早い人だと1週間ほどでできる「仮骨」でさえその兆候なし。

 

どうやら血流が悪いのかもとのこと。

ちなみに鎖骨折った時は人より早く治ったんですがねぇ・・ほんの10cmの差でも血流は全然変わってくるようで・・・これいつ治るの?って感じ。

8ヶ月でくっついて、プレート抜く手術して、1ヶ月後に実走してリハビリ3ヶ月とか考えると3月からの実業団レースは確実に間に合わないよねーーー

 

 

 

 

なんだかなーな感じですがアホみたいに毎日ローラーはやっています!

週末はまたぼちぼちZwiftレースでも出ようかなぁ

 

 

 

 

 

ではでは〜〜

ツールも4日目まで消化し・・あのメーカーが強すぎないか!?

どうもどうもMogです!

 

 

さて、ツール・ド・フランスも4日目までを消化し、

本日第5ステージからはだんだんと登りが含まれ、やがて山岳ステージへと駒を進めていきます。

 

ここまでのステージ表彰台は

 

第1ステージ:

1位 フェルナンド・ガビリア

2位 ペーター・サガン

3位 マルセル・キッテル

 

第2ステージ:

1位 ペーター・サガン

2位 コルブレッリ

3位 アルノー・デマール

 

第3ステージ:

チームTT

 

第4ステージ:

1位 フェルナンド・ガビリア

2位 ペーター・サガン

3位 アンドレイ・グライペル

 

ツール初挑戦のガビリアがあまりにも強すぎる・・( ⁰▱⁰ )

 

 

 

 

 

そしてふと気づいてしまったのですが・・・とあるメーカーが勝ちまくってる・・!

 

第1ステージ:

1位 S-WORKS

2位 S-WORKS

3位 CANYON

 

第2ステージ:

1位 S-WORKS

2位 MERIDA

3位 LAPIERRE

 

第4ステージ:

1位 S-WORKS

2位 S-WORKS

3位 RIDLEY

 

 

追記

第5ステージ

1位 S-WORKS

2位 MERIDA

3位 S-WORKS

 

 

 

S-WORKS強すぎぃ!!!

f:id:otkjun:20180711200834j:plain

スプリンターズステージ全勝は伊達じゃないぜ・・・

 

 

 

 

さらにもっと言えば優勝バイクは全てディスクブレーキ車

これもびっくりですねー( ⁰▱⁰ )

去年だか一昨年だかはディスクは危険だからってステージ途中で禁止になったことを思い出すが、時代は変わるもんです。。

 

 

 

あーしかしこんな結果を見せつけられてしまうと、

S-WORKSのディスクブレーキTARMACが欲しくなっちゃうよねー!!

 

 

 

 

あかん・・高すぎる・・( ³ω³).。o

 

 

 

 

 

ではでは〜〜

袖ヶ浦サマーサイクルロードフェスタで賞状たくさん・・!?

どうもどうもMogです!

 

 

さて、7/7に袖ヶ浦で行われたそでがうらサマーサイクルロードフェスタ(名前長すぎるので以後SCRF)ですが、UKAUKAからはからは

 

山中選手(ヤマさん)

芹田選手(大ちゃん)

市川選手(イッチー)

近藤選手(コンちゃん)

山口選手(ぐっさん)

の5名で

・サイクルフルマラソン

チームタイムトライアル

に参加してきましたよ〜〜

 

f:id:otkjun:20180709223158j:plain

 

 

本当はワタクシも現地で応援に行こうと思ったんですがね・・前日ギリギリまで嫁の機嫌を見たが叶わず。。

まぁ人生という名のステージレースを完走するためには勇気ある撤退も大切。DNS

 

 

 

 

でもね。

SCRFはLAPCLIPを導入しているため、家からでも誰がどの順位で、どのくらいのタイムで回っているかをスマホで確認できちゃうのです。

すごい時代だ( ⁰▱⁰ )

 

 

というわけでまずはサイクルフルマラソン

朝8時にスタートしてから食い入るようにLAPCLIPを見ていました。

 

最初の1/3くらいまで、先頭集団は20名ちょっと。

出走が40名と少なかった割には結構大きな集団のようです。

 

その直後くらいに2名が集団から30秒くらい飛び出す。

名前を見ると、Dky森さかさんとARCC山本さん・・

あちゃー、優勝候補2名が逃げちゃった。。

こりゃ追走集団はガッツリ追わないと追いつかないぞー( ´˂˃` ;)

 

 

レースは2/3を終了し、追走集団は9名までセレクションされるがUKAUKAはヤマさん、大ちゃん、コンちゃん、ぐっさんの4名が残っている模様!およそ半分が弊チーム。

 

このメンバーで最後まで行くが、森さかさん、山本さんを捉えることはできず追走集団は1分30秒でフィニッシュ!

5位にぐっさん

6位にコンちゃん

が入りUKAUKAは賞状2枚

しゅごい!!

f:id:otkjun:20180709224346j:plain

 

f:id:otkjun:20180709224436j:plain

 

 

 

 

・・・・・

 

 

 

午後はチームタイムトライアル

2.4kmを4週10km弱。

コンちゃんを除いた4名で出場。

 

詳しくは、

 

チームメイトのブログをチェケラくださいまし。

 

 

結果を言うと、3位で表彰台獲得!!

しゅごい!

f:id:otkjun:20180709224534j:plain

f:id:otkjun:20180709224539j:plain

 

今回は参加したメンバーの全員が入賞できたことになります\\\\٩( 'ω' )و ////

足がある選手が冷静に他のメンバーの面倒を見てくれたのがかなり効いた気がします。

そしてなんといってもガッツ。

ガッツがなければTTで入賞はできません!

 

みなさん明らかに力がついてきたようで嬉しいですね〜〜

 

 

 

次のUKAUKAのレースにもご期待くださいませ。

ではでは〜〜

 

 

 

ツールドフランス2018の選手が出揃った・・!

どうもどうもMogです!

 

 

 

さて、先ほどツールの出場選手が大方出揃いましたね!

f:id:otkjun:20180703214844j:plain

数日前は絶対的王者のクリス・フルームが出場できない・・?などと一悶着ありましたが、ひとまずは一件落着で出場権を得られた模様。

なんせ4連覇&5勝クラブ入りがかかった重要なレースですからね。

他の選手も「フルームがいなかったから勝てた」なんて言われ続けるのも嫌でしょうし、これで役者は揃った感はあります。

 

 

 

「スプリント」「ステージ優勝」「総合優勝」に的を絞って各選手を見てみましょう。

 

 

 

 

まずはスプリント

BORA: ペーター・サガン

DIMENSION: カヴェンディッシュ

FDJ: アルノー・デマール

LOTTO S: グライペル

クイックステップ: フェルナンド・ガビリア

サンウェブ: マイケル・マシューズ

バーレーン: コルブレッリ

TREK: ジョン・デゲンコルブ

UAE: アレクサンドル:クリストフ

カチューシャ:キッテル

LOTTO NL:フルーネウェーフェン

・・す、すげー。

ジロ・デ・イタリアがスプリンター不作だったせいかとんでもなく豪華だ。

もう誰が勝つか全くわからないですね( ⁰▱⁰ )

 

 

 

 

次にステージ優勝

(スプリントは除き、です)

これはセカンドエースや、総合優勝は狙えないけど山が得意な選手、強力なパンチャーなどが有力になってきます。

BMC: ヴァン・アヴェルマート、サイモン・ゲランス

DIMENSION: ボアソンハーゲン、パウエルス

LOTTO S: トーマス・デヘント

モビスター: バルベルデ

クイックステップ: アラフィリップ、テルプストラ、ジルベール

アスタナ: LLサンチェス

BORA: ラファル・マイカ

クイックステップ強し。

難易度が2〜3くらいのコースでは結構勝てる可能性が高いチームですね。

 

 

 

 

そして、待ってました総合優勝

AG2R: ロメン・バルデ、ラトゥール

アスタナ: フグルサング

BMC: リッチー・ポート、ティージェイ・ヴァンガーデレン

コフィディス: ナバーロ

EF EDUCATION: サイモン・クラーク、ウラン、ピエール・ロラン

フォルトゥネオ: ワレン・バルギル

モビスター: ミケル・ランダ、キンタナ

スコット: アダム・イエーツ

クイックステップ: ボブ・ユンゲルス

SKY: クリス・フルーム、ゲラント・トーマス

サンウェブ: ドゥムラン

バーレーン: ニバリ、ポッツォヴィーヴォ

TREK: バウク・モレマ

カチューシャ: ザッカリン

LOTTO NL: クライスヴァイク

・・・。。

当たり前だけど超オールスター戦ですね。。

候補が多すぎる( ´˂˃` ;)

 

 

 

 

 

 

折角なのでワタクシの総合優勝予想も!

 

じゃじゃん!

 

1位:クリス・フルーム(SKY)

2位:リッチー・ポート(BMC)

3位:ゲラント・トーマス(SKY)

4位:アダム・イエーツ(スコット)

5位:ミケル・ランダ(モビスター)

 

ダークホース

・ドゥムラン、ウラン、バルデ

 

 

 

 

山での総合的な強さ×ITT、TTTの強さを考慮して選んでみました。

キンタナはITTが苦手なので10位以内に入るものの選外、

ドゥムランはジロの疲れが残っていそうなので選外、かな・・?

 

 

 

さてどうなるかな??

週末からが楽しみですねーー!

 

 

 

ではでは〜〜

5月、6月の練習振り返り

どうもどうもMogです!

 

 

怪我をしていてやっていなかった5月、6月の練習振り返りです!

 

 

 

まず5月。

f:id:otkjun:20180702192211p:plain

5月21日に受傷し、そこから入院・手術と全くのれなったので634km

ペースとしては900〜1000kmくらいだったかな?

ペース的にはいつも通り。

内容も悪くない・・というか自分至上一番速かったと思います(ง ˙ω˙)ว

ヒョロガリだったワタクシが筋肉もりもりだったしね!

 

 

 

 

お次は6月。

f:id:otkjun:20180702192611p:plain

5月31日に退院して自宅療養。

6月6日から少しずつトレーニングしてきて、485km

前半は5〜10kmくらいしか乗れなかったのを考えると後半で結構巻き返せたかな?

先々週:170km

先週:187km

と、最近はペース的に700〜800km/月くらいまで乗れるようになってきたので、

実走が可能になるまではこれくらいのペースで乗れれば及第点。

 

距離はいいとしてパワーは?というと、

7分AP330W

10分AP310W

13分AP307W

と、こんくらい。

たぶんFTP的に290W前後って感じですね。

まぁまぁかな。

300W欲しいところだけど、欲は出さない( ⁰▱⁰ )

 

 

 

 

 

だるいけど大嫌いなローラー台の練習にも次第に慣れてきた・・

・・・が!

 

一つ問題が。

 

 

 

ローラー練習部屋、暑すぎる!

26度・湿度70%の部屋なのですが、練習が終わる頃には30度・湿度90%にまで上がります。

(自分の発する汗と熱でね)

なぜここまで上がってしまうかというと、

1.クーラーがないから

2.ドアを締め切っているから

なのです。。

 

クーラーが無いってだけで絶望的なのに、

ワタクシローラーをするときはYouTubeでゲームの実況動画を見ながらコギコギしとります。

あまりうるさくすると近所迷惑なので、窓は開けずに閉鎖空間にて頑張ってます・・そのせいで30度・湿度90%( ´˂˃` 。)

 

追い打ちをかけるように梅雨が明けてしまい、より部屋が暑くなってしまいました。

さすがに暑すぎて効率が悪いなー何とかしたいなーと思いつつ、打開策見当たらず。

熱中症になる前になんとかしてぇ!

 

 

 

 

 

以上!7月もぼちぼちがんばっていきまーす。

リハビリもね!

 

ではでは〜〜

リハビリの先生「物事には限度があるんやで」

どうもどうもMogです!

 

 

さて、本日金曜日は病院にてリハビリの日。

 

f:id:otkjun:20180629220113p:plain

成果を見せるために他動運動と自動運動を先生に披露します。

※他動は一方の手で介助しながら、自動は負傷した腕の筋力のみで関節を曲げることです

 

他動:先週90度→今週90度

自動:先週30度→今週80度

 

あれっ、自動の可動域が他動に追いついちゃう( ⁰▱⁰ ;)

 

 

 

 

 

リハ先生「家でどれくらいリハビリしてますか?」

 

ワタクシ「えーっと、振り子とか筋トレ合わせて2000回+セットもの10セット/dayくらいです」

 

リハ先生「・・・・・( ⁰▱⁰ )」

 

ワタクシ「?」

 

リハ先生「桁を間違ってます。せめて半分にしてください(引き気味)」

 

ワタクシ「えーーーーっ!」

 

 

 

どうやらやりすぎていたようです。

そういや1日に1時間半くらいリハしてたな。

しかも2000回のうち1500回くらいは自動運動・・

特にダンベル(といっても1kgだが)での筋トレを狂ったようにやっていたが、逆に柔軟性が失われてよくないようで・・。。

パワーがあっても曲がらなければ意味がない・・というか逆に悪い運動をしていたようだ。

 

f:id:otkjun:20180629220129j:plain

くそー!我々はこういったことをドラゴン0ールで散々学んできたはずではないか!

 

 

 

・・・なので自動運動や筋トレは大幅に減らして介助付きの他動運動を主にし、

さらに回数もぐっと減らします。

まずは可動域を増やさなきゃなぁ。

 

 

ーーーーー

 

 

そして今日は奥さんと子供が居ないので自由気ままにローラー台をやってみました!

Zwiftでひたすらコギコギ・・・

 

90分でNP200W

 

本当はもっとやりたかったのですが、なんせ自転車部屋にはクーラーが付いていない。。

 

26.2℃、湿度68%だった室内がローラー後は29.8℃、湿度90%( ⁰▱⁰ )

これ以上やったら間違いなく熱中症になる!

まぁでも50km以上は稼げたのでいい感じ。

 

土日で10kmずつのれば週のノルマ(170km)は達成できそうです。

 

 

来週からは仕事がめちゃくちゃ忙しくなりそうなので、土日を謳歌しまーす!

ではでは〜〜

 

 

Zwift de レース。久々総合で優勝!

どうもどうもMogです!

 

 

最近はメリハリが出るような練習を心がけてます。

ゆるく乗るときは30〜60分を200-230W程度で、

つよく乗るときは10〜30分を250-300W程度で。

 

特に強く乗りたいときはZwiftのレースに出るようにしています。

 

 

 

 

骨折後は下記のようにレースに参加してまして、

6/19:23分 NP283W、総合8位/43人中(Cクラス優勝)

6/22:13分 NP313W、総合4位/43人中(Bクラス優勝)

6/26:15分 NP305W、総合8位/40人中

本日は4回目のレース。

 

 

 

 

ボルケーノのフラットコース。

6.3kmと超短期戦・・・。。

そして今回は全18人と少なめ。

 

 

 

スタート共に一人カッ飛んで行くが、ここはみんな容認

逃げと集団という様相になり展開していくことに。

最初から最後まできっついペースなんだろうなーと想像していたが、

スタートダッシュでさえ350W、中だるみで250〜270Wと正直もてあます感じ

それでも集団は半分以下の7人に絞られる。

 

 

全行程半分を過ぎた頃にファーストアタックを決めた選手が落ちてきて吸収。

カウンター決める者もおらず、レースは終始平穏に過ぎていく。

 

 

あっという間にレースは残り1km

ここから5%の坂が一瞬あり、ここらへんから一取り合戦が始まる。

すこしペースが上がるが20秒400W程度だったので余裕を残して頂上へ

・・逆に余裕があったので残り500mから早駆けスプリント。

固定ローラーのため30秒520Wとキレはないが、先着して優勝

f:id:otkjun:20180628232730p:plain

全体は10分 AP305W、NP313W、総合1位/18人中

(そういやクラス別じゃなくAまで含めた総合優勝は久々)

 

 

・・・あ、そういえば今日は10分のレースのうちの半分くらいは骨折したほうの手でハンドルを握れていました

進歩進歩\\\\٩( 'ω' )و ////

(そえるだけとはいえ。。)やっぱり両手が使えるとパワー出しやすいですね。

まだまだ背筋などが使えてないのでパワー的にはちょい低めですが( ´˂˃` )

 

 

ーーーーー

 

 

そういえばワタクシが今年の重要レースとしていた(泣)「袖ヶ浦サマーサイクルロードフェスタ」のスタートリストがでましたね〜

UKAUKAからは5人が参加するので見てましたが相変わらずレベル高い。

うちのチームが参加するフルマラソンはDkyとかARCCあたりが優勝候補かな?

6位入賞するだけでも大変そうですが、ひとりくらいは入賞いけるんではないかな!

がんばれーー

 

あと今年からの新競技「チームTT」もスタリ見てみたけどこっちもレベル高そう。

チーム名適当だけど、これってFORCE、イナーメ、アーティファクトあたりの合同チームだよね。。

JPTの選手もいるしオワタ・・

まぁでもいけるかもしれない!

がんばれー

 

 

というわけで、レースの日はスマホでLAP速報みながら家で応援しようと思います。

・・・クーラー効いた涼しい部屋でな!!!( ⁰▱⁰ )

 

 

ではでは〜〜