30代二児の子持ち男が「自転車競技チーム」を作ってみたらどうなるの!?

UKAUKAcyclingの代表をしていますが、2019年1月の落車にて大怪我をしてしまい実走は引退。今後はチームメイトの応援&ZWIFTERとして頑張ります!FTP20Wからどこまで上げていけるかを実験してみます。

片目不自由な者が運転免許更新に行ってきた話

どうもどうもモグです!

(なかなか大変だったので今回は少し長くなります。)

 

 

 

昨日は運転免許の更新に行ってきました

!私は横浜市民なので、二俣川の免許センターへ。

皆さんご存知ないかもしれないですが、二俣川免許センターって死ぬほど汚いんですよ・・老朽化でボロボロ。。

遠いし行きたくないなーと思ってたんですが、ついてびっくり。

建て直されてめちゃめちゃ綺麗になってました!

 

f:id:otkjun:20190731110257j:plain

うそだろ・・あのボロ屋敷が・・!?

 

 

 

 

 

朝8時40分に家を出てついたのが10時30分。

(いやー遠い。。)

受付が11時までだったので余裕をもって到着・・

のつもりが!

私は現在片目が不自由なため別席にて警察官との面談があるとのこと。

間に合うのか?

 

 

 

 

 

そして警察官との面談。

女性だ・・強そうだ。

まずは事故の経緯を話し、どのような怪我をしたかを取り調べ。

「えーっと・・骨折が頭蓋骨と鎖骨と肩甲骨と肋骨3本と大腿骨で、急性硬膜下血腫と脳挫傷動眼神経麻痺と・・」

あまりに情報量が多く、書ききれなくて警察官笑ってる。笑

わかる、自分でも笑うわ。

 

 

 

 

そのあとにドライブシュミレーターを使い、

反応速度、動体に対する反応、急ブレーキ制動の試験をする。

どれも一般人の平均よりもかなり優れていると褒めてもらえる。

やったぜ。

 

 

 

 

あとは視力と視野の確認。

普通運転免許は、

・両眼で0.7以上、かつ片眼でそれぞれ0.3以上

・片眼の視力が0.3未満、若しくは片眼が見えない場合は、他眼の視野が左右150度以上で視力が0.7以上

というように決まっているそうだ。

あ、普段使っていないから不自由な方の目のコンタクトを忘れてしまった・・。

でも片眼だけでも視力0.7以上、視野150度は余裕でクリアできたので問題なかった

 

(ちなみにこの時点で11時をとっくに過ぎてしまったので講習は午後の部にまわされる。)

 

 

 

 

 

いずれの試験もクリアできたので、これで免許の交付は問題なくされるようだ。

・・ただし1点問題があり「医師の診断書」の提出が必要とのこと。

 

 

 

 

診断書を要約すると、

「脳の傷病をわずらったので、運転をする上で脳に問題がないか(脳の傷病の再発や、てんかんが起こらないか)」

 

ちょうど先日のMRI検査で血腫の再発はないとの診断を受けていたので恐らく大丈夫。

・・なのだが、診断書の提出から警察がOKと判断するまでの期間が1〜2ヶ月かかり、その間は運転を控えてくださいとのこと。。

Oh!

(2ヶ月後に沖縄行く予定なので、もし間に合わないなら旅行キャンセルしなきゃならないじゃないか)

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

というわけで運転免許センターを後にし、お次はかかりつけの病院にGO

診断書を書いて欲しいとの依頼をしたのだが、ここで一悶着が。。。

 

 

 

 

私「こうこう、こういう理由で警察に診断書の提出が必要なので担当医に診断書を書いてもらいたいです。できるだけ早めにお願いしたいです。」

 

事務「医師に確認してきます」

 

〜数分後〜

 

事務「目の事も記載しないといけないようなので今通っている眼科に書いて欲しいとのことです」

 

私「えっ・・たしかに目のことも書く欄はありますが、記入欄の9割以上が脳に関することですよね。脳に関してはこちらの病院に紹介状書いてもらって一任しているしMRIやCTの画像データもすべてこちらにあるので、この紹介状を眼科が渡されてもほとんどのことが分からないと思うのですが・・」

 

事務「ちょっと確認してきます」

 

〜数分後〜

 

事務「やはり今後の治癒の争点は目なので、眼科に書いてもらってください」

 

私「いやいや!であれば脳に問題はないと書いてもらう事が重要ではないですか。そう書く欄があるじゃないですか。眼科だと目のことは書けると思いますが、その他9割以上の脳のことを書けると思います?警察もこちらの病院に書いてと言っていましたので書いてもらえないと困ります」

 

事務「私はただの伝達役になってしまうので直接医師に言ってください。3日後の夕方に予約とっておきますー」

 

 

あああ・・3日後。。

ちなみに「病院にも方針があるので」とかよく事情もわかっていない事務員にキレ気味に言われたのでかなりイラっとしました。

方針云々ではなく、脳、全身の骨折、全身のリハビリを一任しているお宅以外にこの診断書書いてくれる病院ないでしょ。。

 

 

 

ーーーーー

 

 

 

そして帰宅。

朝8時40分に出てすでに17時。

会社は半休のつもりだったけど全然間に合わずに1日お休み・・。

 

あ、念のため警察に今回の病院とのやりとりを電話で確認しておこう

 

電話をしてみると、警察としては

「書式はほとんど脳に関する事なので、脳外科に書いてもらってね。眼科にその診断書渡しても困るでしょ。目は免許センターの検査を通ってるからまぁ大丈夫でしょう。」

とのことでした。

 

そりゃそうですよね・・そう言ったんですが。

あさってもう一度診断書を書いてもらうためにバトルか・・

仕事の休憩時間使って。。

 

 

 

 

 

というわけで、長くなってしまいましたがまとめると、

・免許センター的には目や脳の能力は運転に差し支えないと判断

・ただし医者的にもてんかんや発作が起きそうに無いか診断書が必要

・かかりつけ医が診断書を拒否

・警察的にはかかりつけ医が書くようにとのこと(←いまここ)

・診断書提出後、判断に1〜2ヶ月かかるからその間は運転しないでね

でした。

 

 

 

うーん、長くなりそう。。

だるいですが頑張ります・・

 

 

 

ではでは〜〜